悪徳サラ金の取り立てが家族にいく危険性はある?

ヤミ金のような悪徳サラ金業者でお金を借りる人もいます。悪徳サラ金業者は借り入れの申し入れを受けると、自分だけでなく家族や親せきの連絡先や勤務先なども訊いてくることもあるようです。そして、もし債務者当人が返済できないようであれば、家族や親せきのところに行って借金の取り立てを行うこともままあります。家族や親せきにとって、おそらく悪徳サラ金で借金をしていることは、取り立てが来るまで知らないでしょう。寝耳に水のことで戸惑うでしょうし、家族に連絡が行ったとなれば債務者も精神的にどんどん追い込まれます。

どのような方法で取り立てを行う?

悪徳サラ金業者がどのようにして家族や親せきに取り立てを行うかですが、実家などを訪れることはまずしないようです。業者によってもやり方は若干異なりますが、電話による取り立てが一般的です。もし悪徳サラ金業者からの取り立てから逃げ回っていると、家族に連絡の行く可能性があります。家族をトラブルに巻き込みたくなければ、絶対に逃げないことです。また、家族の方に連絡がすでに行ってしまったのであれば、正直に自分の置かれている状況を説明することが大事です。そして、「自分が本人に代わって借金返済をするつもりはない」とはっきりと告げることが大事です。

そもそも家族への取り立ては法律違反

借金の取り立てですが、貸金業法の中でルールが決まっています。早朝や深夜のような普通多くの人が眠っている時間帯に取り立てをしないとか、債務者以外に人に借金していることをばらさないといった規定が細かく決められています。その中で、他人に債務者の借金を代わって取り立てる行為も禁止されています。連帯保証人や保証人になっている場合は話が違いますが、ただ単に血のつながった家族・親戚という理由だけで借金を取り立てることは禁じられています。あまり執拗に電話がかかってくるようであれば、いつどのような内容の電話がかかってきたか、記録をつけておきましょう。そして警察の方に持っていけば、警察も動く可能性があります。

弁護士や司法書士に相談すること

もし悪徳サラ金業者に借金をして、取り立てが親や兄弟などに行っているような状況であれば、法律の専門家に相談することが大事です。借金問題、取り立てヤミ金問題を専門的に請け負っている弁護士や司法書士の方も日本全国にたくさんいます。このような人たちに任せれば、悪徳サラ金業者の取り立ての間の手から逃れることも十分可能です。借金問題は身近な人でも相談できず、一人で抱え込んでしまう人も多いです。しかしそうではなく、専門家に相談することが大事です。弁護士や司法書士の方に依頼すると、費用が掛かってしまうと思っている人もいるでしょう。そのようなお金を支払えないから頼めないと思っているかもしれませんが、法律事務所の中には分割払いなど無理なく費用を支払う方法をいろいろと用意しているケースも多いです。