サラ金からの催促電話や催促状を無視したらどうなる?

約束の期日までにお金を返済できないと、サラ金業者から催促の電話がかかってきます。この時は事務的に「入金が確認されないようですが…」という感じで連絡が来るでしょう。この時に対応すべきですが、借金を返済できないという負い目から連絡を無視して逃げ回る人もいます。そうするとサラ金業者も、どんどん強硬的な手段をとるようになります。自宅や携帯電話にかけてもつながらないのであれば、勤務先などに連絡の行くケースもあります。本来、本人以外に連絡を取ることは認められていませんが、本人の連絡先でコンタクトをとれないのであれば致し方ないです。また、自宅へ訪問して催促するケースも出てきます。それでも無視していると、督促状と呼ばれる書類が郵送で皆さんの自宅に届きます。

この督促状ですが、簡単に言えば最後通牒です。実際文面には「○月○日までに連絡のない場合には、法的手続きによる解決を検討いたします」のような文言が記載されています。もしこの期日も無視していると、今度は裁判所からの支払い督促がきます。

支払い督促とは?

サラ金業者が債務者に返済の意思がないと判断をすれば、強制執行の手続き申請に入ります。強制執行の手続きには3種類あって、支払い督促と少額訴訟、通常訴訟があります。通常はこの中でも手続きが簡単な、支払い督促が選択されます。裁判所はこの支払い督促の申し立てを受理した場合、債務者に対して今度は裁判所名義で支払い督促が交付されます。もしこの督促を2週間無視していると、仮執行宣言月支払い督促がきます。それでも無視していると、皆さんの財産の一部差し押さえが認められてしまうのです。家具や家財、預金・貯金、さらには給料の差し押さえをすることも可能になります。

無視していても問題解決にはならない

上で紹介したように、サラ金の支払い督促を無視し続けていると自分の首を絞めるだけです。返済不能になると、サラ金の取り立てから逃れたいと思う人も多いでしょう。しかし、上で見たように状況が悪化することはあっても、好転することは絶対にあり得ません。もし督促が来ても返済できるお金を準備できない、もはや自分でどうこうできる借金のレベルを超えているのであれば、借金問題に強い弁護士や司法書士の方がいます。このような人に相談をすることです。差し押さえの状態まで行ってしまうと、サラ金業者もなかなか強硬ですから問題の解決がどんどん難しくなります。

債務整理で問題解決も

実は借金返済できない人のために、債務整理と呼ばれる法的手続きがあります。これは合法的に借金の減額や免責のできる制度です。テレビなどで自己破産という言葉を聞いたことはないですか?自己破産も債務整理のうちの1つの手法で、身の回り以外の財産を処分して、それでも残る債務に関しては免責になる制度です。このように債務者の救済策もいろいろとありますので、借金問題でどうにもならなくなっているのであれば、専門家に相談すべきです。”

20110516追加 728*90