悪徳サラ金からの取り立て電話が職場にかかってきたら

悪徳サラ金業者にお金を借りた場合、もしかすると自宅だけでなく職場に電話をかけてくることもあるかもしれません。その場合、職場の同僚や上司に自分が借金していることがばれてしまって、肩身の狭い思いをしなければなりません。ただし、貸金業法の中で取り立てに関するルールがあって、正当な理由のない限り債務者当人以外と借金のことに関して連絡を取ることは一切禁止されています。つまり、会社に電話やファックス、もちろん訪問をして取り立てをする行為自体が禁じられています。会社に取り立ての電話がかかってきた場合には、ルール違反として警察に相談することも可能です。借金をしているとどうしても後ろめたさがあって、職場にかかってきても何もしない人も多いです。しかし違法行為ですから、敢然と拒絶しても構いません。

会社に相談をすること

違法行為と言っても、悪徳業者はそれをわかっていて会社に連絡をするわけです。「あなたのやっていることは違法ですよ」といったところで引き下がってくれないでしょう。そこで会社の方に相談をして、会社全体で対応する必要があります。電話がかかってきたときには、会社のだれが受け取ったとしても「警察に通報します」と相手に言うようにお願いしましょう。そして、いつどのような内容の電話がかかってきたかを細かく記録しておくことです。ICレコーダーなどを使って録音しておくと、警察に届け出しやすくなります。また、おそらく足のつきにくい携帯電話でかけてくることが多いですから、その番号を控えておいて、警察にその電話番号の凍結を相談する方法もあります。営業妨害を理由にすれば、警察も対処してくれる公算は高いです。またその人が会社を辞めてしまったという嘘を相手に伝えれば、連絡がストップする可能性があります。

債務整理するために弁護士に相談を

もし悪徳サラ金業者にお金を借りて、もはや自分ではどうすることもできない状態なのであれば、債務整理を視野に入れましょう。その場合、借金問題を専門的に請け負っている弁護士に相談することです。弁護士に相談をして、債務整理の手続きを依頼すると弁護士は債権者側全てに受任通知を送付します。受任通知を受け取った債権者側は、どのような方法でも債務者との接触が法的に認められなくなります。会社への連絡がストップするほかにも、自宅や自分の携帯電話にかかってきた取り立てもストップします。悪徳業者の場合、受任通知を受け取ってもお構いなく電話をかけてくることも考えられますが、その場合には弁護士に対応を一任しておきましょう。

悪徳サラ金業者に借金したことを、会社の人に伝えるのは勇気のいることかもしれません。しかし、会社に取り立ての電話がかかってくるようであれば、会社全体で問題に対処するような体制を準備しておかないといけません。家族や周りの人の協力を得ながら、悪徳業者の対応に慣れている弁護士事務所に相談するのが、ベストの対処法です。