サラ金の取り立ては怖い?危険?

サラ金でお金を借りようと思っているけれども、不安に感じている人はいませんか?その理由として、借金の取り立てがかなり厳しいのではないかという不安もあるでしょう。結論から言いますが、普通のサラ金であれば、漫画やドラマなどで見られるような過酷な取り立てをすることはないです。期日までに返済ができないと、「期日までに入金が確認できませんでしたが、いかがなされましたか?」といった電話がかかってきます。恫喝や脅しのようなことはなく、あくまでも事務的に対応します。もし返済するめどが立っている場合には、いつまでに入金すると伝えれば、その期日までに入金されない場合を除き、それ以上催促の電話はかかってきません。

たとえばお金がなくて、どうやっても返済できないケースもあるでしょう。その場合には、返済できる範囲でお金を返してもらえないかという交渉が行われます。たとえば「全額でなくても構わないので一部返済できませんか?」とか「利息分でもお支払いいただけませんか?」といった感じです。このように、普通のサラ金であれば、無理な取り立てをすることはないです。たとえば返済日前に、期日までにお金を準備できない場合には、自分からサラ金業者に連絡を取ることも可能です。その場合でも無理なく返済するための提案をしてくれるはずです。期日前にこのような相談をした方が、誠意ある対応をしてくれているとして、サラ金業者の心証も良くなります。

悪徳業者であれば話は別

優良業者であれば、無理な取り立てをすることはないです。ただし、ヤミ金業者に代表されるような悪徳サラ金業者からお金を借りた場合だと話は別です。闇金業者の場合、早朝や深夜など時間関係なく、電話や実際に自宅に訪問するなどして苛烈な取り立てをしてくるといいます。中には、勤め先に出向いて取り立てを行うといった話もあります。その他には、地下の一室に連れて行かれ、自分の名前と借金の額をカメラの前で言わされます。そしてこのビデオを両親のところに持っていって、両親に返済を迫るという業者もあります。さらには子供がいる場合、子供に対して返済を迫る、ほとんど嫌がらせとしか思えないような取り立ても体験談で実際に紹介されていました。

自分以外の人に返済を迫るとか、早朝・深夜関係なく取り立てを行う行為ですが、これは立派な犯罪です。貸金業法の中で取り立てのルールが明記されています。それに違反する取り立て行為を受けたのであれば、弁護士や警察に相談をして対処すればいいです。

優良サラ金でも逃げ回ると厳しく

冒頭でも紹介したように優良なサラ金業者であれば、無理な取り立ては行いません。ただし債務者の方が逃げ回っていると、だんだんサラ金業者の方も厳しく対応していくことになります。督促状などが自宅に届くようになり、最終的には裁判を経て、債務者の財産や給料などを差し押さえるという強硬手段に出てくることもあり得ます。そのような状態になる前に、まずはサラ金業者とコンタクトをとることが大事です。