サラ金の取り立てとは

悪徳サラ金の取り立てが家族にいく危険性はある?

ヤミ金のような悪徳サラ金業者でお金を借りる人もいます。悪徳サラ金業者は借り入れの申し入れを受けると、自分だけでなく家族や親せきの連絡先や勤務先なども訊いてくることもあるようです。そして、もし債務者当人が返済できないようであれば、家族や親せきのところに行って借金の取り立てを行うこともままあります。家族や親せきにとって、おそらく悪徳サラ金で借金をしていることは、取り立てが来るまで知らないでしょう。寝耳に水のことで戸惑うでしょうし、家族に連絡が行ったとなれば債務者も精神的にどんどん追い込まれます。

続きを読む

サラ金からの催促電話や催促状を無視したらどうなる?

約束の期日までにお金を返済できないと、サラ金業者から催促の電話がかかってきます。この時は事務的に「入金が確認されないようですが…」という感じで連絡が来るでしょう。この時に対応すべきですが、借金を返済できないという負い目から連絡を無視して逃げ回る人もいます。そうするとサラ金業者も、どんどん強硬的な手段をとるようになります。自宅や携帯電話にかけてもつながらないのであれば、勤務先などに連絡の行くケースもあります。本来、本人以外に連絡を取ることは認められていませんが、本人の連絡先でコンタクトをとれないのであれば致し方ないです。また、自宅へ訪問して催促するケースも出てきます。それでも無視していると、督促状と呼ばれる書類が郵送で皆さんの自宅に届きます。

続きを読む

悪徳サラ金からの取り立て電話が職場にかかってきたら

悪徳サラ金業者にお金を借りた場合、もしかすると自宅だけでなく職場に電話をかけてくることもあるかもしれません。その場合、職場の同僚や上司に自分が借金していることがばれてしまって、肩身の狭い思いをしなければなりません。ただし、貸金業法の中で取り立てに関するルールがあって、正当な理由のない限り債務者当人以外と借金のことに関して連絡を取ることは一切禁止されています。つまり、会社に電話やファックス、もちろん訪問をして取り立てをする行為自体が禁じられています。会社に取り立ての電話がかかってきた場合には、ルール違反として警察に相談することも可能です。借金をしているとどうしても後ろめたさがあって、職場にかかってきても何もしない人も多いです。しかし違法行為ですから、敢然と拒絶しても構いません。

続きを読む

サラ金の取り立ては怖い?危険?

サラ金でお金を借りようと思っているけれども、不安に感じている人はいませんか?その理由として、借金の取り立てがかなり厳しいのではないかという不安もあるでしょう。結論から言いますが、普通のサラ金であれば、漫画やドラマなどで見られるような過酷な取り立てをすることはないです。期日までに返済ができないと、「期日までに入金が確認できませんでしたが、いかがなされましたか?」といった電話がかかってきます。恫喝や脅しのようなことはなく、あくまでも事務的に対応します。もし返済するめどが立っている場合には、いつまでに入金すると伝えれば、その期日までに入金されない場合を除き、それ以上催促の電話はかかってきません。

続きを読む