大手のサラ金は大抵、連帯保証人ナシ、無担保でもOK

サラ金でお金を借りる場合、基本担保も保証人もなしで借り入れできます。サラ金の提供しているキャッシングサービスは、個人向け無担保融資と言われています。ちなみに銀行の提供するサービスのカードローンも、担保も保証人もなしで借り入れ可能です。となると、サラ金業者は融資するにあたって、借り入れを希望する人の信用力を見なければなりません。きちんとした収入を得ているのか、返済に関して過去トラブルを起こしたことはないかなどを審査でチェックして、融資の可否を判断します。

借入限度額は低い

住宅ローンなどの保証人や担保が必要な商品の場合、何千万円といった大金の融資を行うこともざらにあります。しかし、担保も保証人もないサラ金の融資の場合、それほどのまとまったお金を融資することはまずありません。サラ金業者の中には、300万円とか500万円の融資に対応していると宣伝しているところもありますが、よっぽどの高い信用力がないと審査クリアは難しいです。たいていの人は最初の契約時には50万円以下の借入限度額に設定されるはずです。そして、期日通りの返済を繰り返して信用を勝ち取ると、徐々に借入限度額が増えていく方式をとります。

銀行カードローンと保証会社

サラ金業者の場合、保証人は必要ありません。しかし銀行カードローンを見てみると、保証会社をつけているケースが多いです。例えば三菱東京UFJの場合アコム、三井住友銀行の場合プロミスといった感じです。保証会社は万が一借入した人が返済しなかった場合、その肩代わりをする会社のことです。たとえばアコムやプロミスで過去に返済トラブルを起こした人の場合、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のカードローンの審査に落ちてしまうこともあります。返済できなかった人の保証はできないというわけです。

保証人を求められることも

サラ金でお金を借りるにあたって、通常は保証人を付ける必要はないです。しかしレアケースではありますが、サラ金業者が保証人を条件として融資することがあります。具体的にどのようなケースかというと、収入の安定していない人は保証人を求められることがあります。具体的にはフリーランスで仕事をしている人とか自営業を営んでいる人です。彼らは給料でお金を稼いでいるわけではないので、どうしても月々の収入がバラバラで安定しません。このため、万が一の時のために保証人をつけるように求められることがあります。しかし、フリーランスや自営業者が必ず保証人をつけるように言われるわけではありません。大半のケースで審査を通過して、お金を借りられるはずです。ほとんど保証人を求められることはないでしょうが、レアケースとしてそのようなことが起こりうると思っておきましょう。その他には高額融資を希望する場合も、保証人をつけるように求められるケースがあります。何百万円といった額の融資を希望する場合には、その点も頭に入れておきましょう。