サラ金の審査に必要なもの、必要書類

サラ金に借り入れの申込みをするにあたって、申込書の他にいくつか必要書類があります。まず全員が必要な書類として、本人確認書類があります。本人確認書類ですが、公的な機関の発行しているものとなります。一般的には運転免許証やパスポート、健康保険証などを提示することが多いです。運転免許証を持っている人は、普段から財布などに入れて携帯している方が多いでしょうから、簡単に提示できるでしょう。上で紹介した書類の他にも、印鑑証明書や住民票、住基カード、外国人の場合在留カードや外国人登録証明書、特別永住者証明書などでも手続きができます。一部サラ金業者では、特定の本人確認の場合、2つ書類を提出するように求めるケースもあります。ホームページなどに概要が書かれているはずなので、チェックしておきましょう。

書とは

一部サラ金申込者の中には、本人確認書類以外でも書を提出しないといけない場合もあります。書ですが、どのような働き方をしているかによって、提出するものが変わってきます。サラリーマンや公務員などの給与所得者は、源泉徴収票あるいは給与明細書になります。給与明細の場合、直近2か月分の提出が求められるサラ金もあります。

自営業者や個人事業主のような給与所得者でない場合には、確定申告書の控えや住民税決定通知書もしくは課税証明書、納税証明書が書になります。ちなみに専業主婦で、自分の所得の一切ない人がサラ金を利用する場合には、配偶者の書を準備しなければなりません。加えて、配偶者がお金を借りることに関して同意していることを証明する書類も提示する必要があります。

書が必要なケース

書が必要なケースですが、サラ金業者の場合、まず希望限度額が50万円を超える事例が当てはまります。そして既にほかでも借り入れがあって、今回の借り入れで合計の借入額が100万円を超える場合も、書を提示しなければなりません。これらは貸金業法の中で決められているルールです。よって貸金業者は、どこでも上で紹介した条件で申し込めば、書の提示を求めてきます。

ただし、銀行カードローンの場合、貸金業法のルールにのっとった手続きをする義務はないです。よって借入希望額50万円を超える場合でも、本人確認書類の提出だけでOKとしている所も多いです。例えばみずほ銀行カードローンの場合、限度額200万円までは書は不要です。そのほかにもオリックス銀行カードローンや三井住友銀行カードローンに至っては、限度額300万円までの申込みであれば書の提出は不要です。大きなお金をスムーズに借り入れしたければ、銀行カードローンの利用も検討しましょう。ただし、希望限度額が大きくなればなるほど、審査も厳しくなります。必要最低限の希望額で申し込みをした方が、借入はしやすくなります。

20110516追加 728*90