サラ金は総量規制で年収の3分の1しか借りられない

サラ金でお金を借りるにあたって、一つ注意すべきことがあります。それは総量規制の枠の中でしか借り入れできないというものです。総量規制とは貸金業法の中に含まれる項目で、個人の年収の1/3を上限としてそれ以上の融資は禁じるというルールです。たとえば年収300万円の人がサラ金でお金を借りるためには、100万円が上限となるといった感じです。もし100万円を超える希望借入額で申し込みをしても、審査に引っ掛かるか、100万円までの借入限度枠しか与えられません。

総量規制の生まれた背景

総量規制が生まれた背景として、消費者のお金の借り過ぎ対策のためという点が挙げられます。サラ金は計画的に利用すれば、重宝するサービスです。しかし際限なく、無計画に安易にお金を借りると返済できなくなります。すると、あるサラ金のお金を返すために、他のサラ金からお金を借りるといった人も出てくるわけです。そしてどんどんいろいろなところからお金を借りる、多重債務者が出てきます。ただしこのような自転車操業をして、目先の問題は解決できても、早晩破綻します。そこで多重債務者になって大きな苦しみを味わう前に、早めに借り過ぎないようなルールを作る必要がありました。それでこの総量規制というルールが生まれました。

専業主婦はどうなるのか?

ここで問題になるのが、専業主婦です。一切仕事をしていない専業主婦の場合、収入はゼロです。ゼロに1/3をかけてもゼロのままなので、つまり総量規制のもとではお金を借りられないということになります。ただし総量規制のルールの中では配偶者貸付という項目があります。これはたとえ専業主婦で自分の所得がゼロでも、配偶者に所得があればその1/3を上限として借り入れできる制度です。ただし、そのためには配偶者に所得のあることの証明や配偶者がお金を借りることに同意する書類を作成する必要があります。一部サラ金業者では配偶者貸付に対応していますが、手続きが煩雑なため大手のサラ金業者は専業主婦には貸付を行っていないのが現状です。

専業主婦がお金を借りるには?

では専業主婦はお金を借りられないかというと、そうではありません。銀行のカードローンであれば、お金を借りられます。総量規制は先ほども紹介したように、あくまでも貸金業法の中の一つのルールで、貸金業者に対する規制です。銀行は貸金業者ではないので、貸金業法や総量規制のルールに縛られることはありません。ですから、所得のない専業主婦の方にもお金を貸し出すことができるわけです。ただし、専業主婦への融資額ですが10万円とか30万円の少額融資が中心であることも頭に入れておきましょう。

銀行カードローンは総量規制の対象外です。しかし最近では大手サラ金業者を中心として、銀行のグループ傘下に入っているケースもあります。このような銀行系のサラ金業者の場合、あくまでも貸金業法のルールの中で営業しなければなりません。このため、総量規制による貸し出しになることも理解しておきましょう。