電話での在籍確認なしのサラ金

サラ金に融資の申し込みをすると、審査が実施されますが、その中で欠かせないのが在籍確認です。サラ金業者としては、無職の人にお金を貸しても返済されるめどは少ないので融資したくないです。申込書には勤め先を記入させますが、その情報が嘘偽りのないものか確認するために会社に連絡を取ります。これを在籍確認といいます。在籍確認は、ほとんどのサラ金業者で電話による確認をします。電話をすると言っても「サラ金のものですが…」といったダイレクトな伝え方はしません。オペレーターの個人名で、あなたと知り合いといった感じで連絡をします。もしほかの人が電話をとったとしても、それがサラ金業者の電話だと気づかれることはほとんどないはずです。

電話の在籍確認の都合の悪い場合

しかし、電話を会社にかけてこられるのは困るという人もいるでしょう。たとえば技術関係の場合、会社に自分宛ての電話がめったにかかってこない人もいるはずです。その場合、同僚が電話に出ると怪しまれる可能性が出てきます。その他にも最近の会社の中には、個人情報を徹底しているところも多いです。会社に在籍しているかどうかも個人情報で教えてくれないところも出てきています。この場合、電話による在籍確認ができません。そのようなケースの時には、あらかじめ「電話以外の方法での在籍確認希望」などと申し込みの備考欄などに記入しておきましょう。

在籍が確認できれば電話以外でもOK

サラ金業者としてみれば、どうしても会社に電話を掛けないといけないというわけではありません。要するに申込人が会社で仕事をしていることが立証されればいいわけです。もし電話による在籍確認が難しいのであれば、そのほかの書類などを提示して、確かに会社に所属していることを証明しましょう。大手のサラ金会社を見てみると、他の書類を申し込みの時に提示すれば、電話による在籍確認の代わりとして認めてくれます。

各社の在籍確認対応

例えばテレビコマーシャルを大々的に展開しているアイフルでは、最新の給与明細1か月分や会社の発行する社会保険証をコピーもしくは写メなどして提出すれば、それで在籍確認をしたことになります。

モビットもしばしばコマーシャルで宣伝している業界大手ですが、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類と書を提出すれば、電話連絡はありません。ちなみに書ですが、最も望ましいのは源泉徴収票です。しかしそれが入手できないようであれば、直近2か月の給与明細や役所の発行している書を提出することです。

プロミスでも電話による在籍確認以外の方法に対応しています。電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談くださいとのことなので、どうしても電話に抵抗がある場合は、こちらを活用しましょう。