サラ金の審査基準、どこを見られているのか

サラ金でお金を借りるにあたって、まず重視されるのは職業です。仕事をしていないとお金を得ることができず、お金を融資しても返済の見込みが立たないからです。職業ですが、安定して継続的に収入の得られる人の方が高く評価されます。サラリーマンや公務員のような給与所得者は、毎月給料が発生するので返済能力が高いと判断されます。公務員はクビを切られることはめったにないので、その意味では最高ランクの評価になります。サラリーマンは有名企業や大企業の方が有利で、中小企業はやや評価がダウンします。

自営業者やフリーランスで仕事をしている人は、給料ではなく、収入が月々変化します。その分低く評価されがちですが、現在やっている事業を長く続けている人は、審査でマイナスにはなりません。少なくとも3年以上は現在の事業を続けることが大事です。アルバイトやパートの場合、給料が正社員と比較すると少ないですし、職業も安定していません。しかし、借入限度額を少なくするなどの制限を設けて、融資を行っているサラ金業者も最近では多いです。アルバイトやパートの場合、年収200万円が一つのラインと言われています。もしアルバイトでも200万円を超える収入があれば、審査をクリアできる可能性はアップします。

他社借入がどうなっているか?

サラ金の審査基準で重視されるのは、他社借入の状況です。もし他社借入があれば、そちらに返済を回さないといけないので自分のところに回ってくる資金がないのでは、と懸念されます。他社借入ですが、借入総額よりも借入件数の方が重視される傾向があります。たとえば同じ100万円の借金でも、1社から100万円借りている人の方が5社から20万円ずつ借りている人よりも評価が高いです。100万円という借入枠を持っているということは、それだけ経済力のある証拠にもなるからです。サラ金業者によって審査基準は変わりますが、一般的に3社を超える借入先があると、審査はかなり厳しくなると言われています。もし新たに借り入れを計画しているのであれば、現在ある借入先を少しでもなくすことが大事です。

信用情報がどうなっているか?

クレジットカードやローンを組むと、誰にでも信用情報と呼ばれる資料が作成されます。その中にはカードやローンでどのような契約を結んでいるのか、借入額と残債、月々の返済状況などが書かれています。サラ金業者は借り入れの申し込みを受けると、信用情報機関で照会します。もし問題のある情報が記載されていると、審査で落とされる可能性も高まります。事故情報が載っている人は、まともなところでは借り入れできません。ブラックリストに載った状態とも言え、3か月以上などの長期の延滞をしているとか、債務整理を行った場合に情報が載ります。ブラック情報とまでいかなくても、過去に何度も数日の延滞を繰り返している人も信用力にかけるということで、審査で落とされる可能性が高まります。

追記

申込に伴う申込み手順の簡便さ、査定に掛かる時、現金を確保するまでのスピードなどを基に、ベストチョイス可能な支出者金融を順位の形でご提示しております。
そのような訳で、私人が業務のための財源として借りるという時は、総量規制の対象にはなりません。
お整理クレジットで借り換えをしようかという時、誰もが「どこから借りるべきなのか?」と思案しますが、先ずは銀行系をピックアップすれば間違いはないでしょう。
キャッシング限度額も高くなっていて、借り主側としても大いにありがたいと言えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です