サラ金の審査とは

サラ金の在籍確認は郵送物(郵便物)か電話のどちらか

電話の在籍確認のメリット

サラ金でお金を借りるとき、申込書に記載されている勤務先で本当に仕事をしているか確認するために、在籍確認という工程があります。在籍確認ですが、通常は申込書に記載されている連絡先にサラ金業者のオペレーターから電話を掛けます。そして在籍していることが確認できれば、それで終了です。在籍確認を電話で行うメリットは、その手早さにあります。「○○さんはおられますか?」「変わります」これだけで会社で勤務していることは確認できます。また不在の場合でも、「ただ今ちょっと席を外しておりますが」と言われれば、在籍の確認は可能です。数分で完了してしまう手早さが電話確認のメリットといえます。

続きを読む

大手のサラ金は大抵、連帯保証人ナシ、無担保でもOK

サラ金でお金を借りる場合、基本担保も保証人もなしで借り入れできます。サラ金の提供しているキャッシングサービスは、個人向け無担保融資と言われています。ちなみに銀行の提供するサービスのカードローンも、担保も保証人もなしで借り入れ可能です。となると、サラ金業者は融資するにあたって、借り入れを希望する人の信用力を見なければなりません。きちんとした収入を得ているのか、返済に関して過去トラブルを起こしたことはないかなどを審査でチェックして、融資の可否を判断します。

続きを読む

無職OK、無審査のサラ金は絶対ダメ、闇金の可能性が高い

サラ金のチラシなどを見てみると、たまに「無審査」とか「無職の方歓迎」といった宣伝文句を目にします。審査に通らないかもしれない、無職でサラ金ではお金を借りられない人の中には、このような甘い文句を目にして思わず飛びついてしまう方もいるかもしれません。しかし結論から言えば、審査のないサラ金はまともな所ではありえません。なぜか、それは自分がお金を貸す立場になった時のことを考えれば、おのずと理解できるはずです。

続きを読む

サラ金の審査に必要なもの、必要書類

サラ金に借り入れの申込みをするにあたって、申込書の他にいくつか必要書類があります。まず全員が必要な書類として、本人確認書類があります。本人確認書類ですが、公的な機関の発行しているものとなります。一般的には運転免許証やパスポート、健康保険証などを提示することが多いです。運転免許証を持っている人は、普段から財布などに入れて携帯している方が多いでしょうから、簡単に提示できるでしょう。上で紹介した書類の他にも、印鑑証明書や住民票、住基カード、外国人の場合在留カードや外国人登録証明書、特別永住者証明書などでも手続きができます。一部サラ金業者では、特定の本人確認の場合、2つ書類を提出するように求めるケースもあります。ホームページなどに概要が書かれているはずなので、チェックしておきましょう。

続きを読む

サラ金は総量規制で年収の3分の1しか借りられない

サラ金でお金を借りるにあたって、一つ注意すべきことがあります。それは総量規制の枠の中でしか借り入れできないというものです。総量規制とは貸金業法の中に含まれる項目で、個人の年収の1/3を上限としてそれ以上の融資は禁じるというルールです。たとえば年収300万円の人がサラ金でお金を借りるためには、100万円が上限となるといった感じです。もし100万円を超える希望借入額で申し込みをしても、審査に引っ掛かるか、100万円までの借入限度枠しか与えられません。

続きを読む

電話での在籍確認なしのサラ金

サラ金に融資の申し込みをすると、審査が実施されますが、その中で欠かせないのが在籍確認です。サラ金業者としては、無職の人にお金を貸しても返済されるめどは少ないので融資したくないです。申込書には勤め先を記入させますが、その情報が嘘偽りのないものか確認するために会社に連絡を取ります。これを在籍確認といいます。在籍確認は、ほとんどのサラ金業者で電話による確認をします。電話をすると言っても「サラ金のものですが…」といったダイレクトな伝え方はしません。オペレーターの個人名で、あなたと知り合いといった感じで連絡をします。もしほかの人が電話をとったとしても、それがサラ金業者の電話だと気づかれることはほとんどないはずです。

続きを読む

サラ金の審査基準、どこを見られているのか

サラ金でお金を借りるにあたって、まず重視されるのは職業です。仕事をしていないとお金を得ることができず、お金を融資しても返済の見込みが立たないからです。職業ですが、安定して継続的に収入の得られる人の方が高く評価されます。サラリーマンや公務員のような給与所得者は、毎月給料が発生するので返済能力が高いと判断されます。公務員はクビを切られることはめったにないので、その意味では最高ランクの評価になります。サラリーマンは有名企業や大企業の方が有利で、中小企業はやや評価がダウンします。

続きを読む