利用規約

ここで言う利用規約(以下、「本規約」)とは、(以下、「当社」)が提示するウェブサイト上のルールであり、当社と登録ユーザーを(以下、「ユーザー」)拘束する契約でもあります。当社のサービス(以下、「本サービス」)を利用する場合、ユーザーは本規約に同意したものとみなされます。

第1条(適用)
本規約が適用されるのは、ユーザーが本サービスを利用して、当社と関わるあらゆることにおいてである。

第2条(登録)
ユーザーが登録を希望し、当社の規定した手続きにのっとって登録を申し出た際、当社はそれを審議し、承認した場合において登録が決定します。
しかし登録の申し出を受けても、当社が判断してその申請が却下されることもあります。それは、登録を申し出たユーザーが、以下に列挙した理由に当てはまる可能性がある場合で、当社は、その理由を含む一切の詳細に関して回答する義務はないものとします。

(1)申し出た登録内容に、真偽の程が曖昧、あるいは虚偽の事項があること
(2)登録を希望するユーザーが、以前に本規約を遵守しなかった事実があること
(3)その他、登録を希望されても当社が承認できないと判断する理由があること

第3条(ユーザーIDおよびパスワード)
ユーザーは、ユーザーIDおよびパスワードを、自己責任の下、管理することを遵守し、決してユーザー以外の第三者に譲渡や貸与してはならないとします。ユーザーIDとパスワードを入力してウエブサイトにログインされた際はいかなる場合でも、当社は、そのユーザーIDを管理しているユーザーが、自身で行ったと判断します。

第4条(料金および支払方法)
ユーザーが本サービスを利用した際にかかる料金は、ウェブサイト上に提示されます。ユーザーはそれに相当する金額を、当社によって別途指定される方法によって、支払う義務があるとします。

第5条(禁止事項)
当社は、ユーザーの行為において、以下に列挙することを禁じます。

(1)明らかに法令や公序良俗に反しているとみなされること
(2)犯罪行為に関連しているとみなされること
(3)当社のサーバーやネットワーク機能を破壊、妨害すること
(4)当社の業務を著しく妨害する可能性のあること
(5)他のユーザーの個人情報等を集めたり、集めようと働きかけること
(6)あたかも他のユーザーのごとく、成りすますこと
(7)当社のサービスや当社を利用して、反社会的勢力に利益をもたらそうと、働きかけたり実際に行動したりすること
(8)その他、当社が判断して、不適当とみなされること

第6条(本サービスの停止および中断)
当社は、いくつかの理由の下、本サービスの全てか一部を提供することが不可能な時があります。それは、以下に列挙する事由があった場合で、その際は提供を停止するか中断しても構わないこととします。またユーザーへの事前連絡は、義務ではないこととします。そして万が一、本サービスが提供停止になったり中断したりしたことで、ユーザーまたはユーザーに関係する第三者が不利益や損害を被った場合、当社には一切の責任がなく賠償を与える義務も生じないこととする。

(1)本サービスに関するコンピュータシステムを、保守する意図を持った点検や更新
(2)自然災害(地震、落雷など)や火災、停電などの災害が起因となって、本サービスが提供不可能となった時
(3)なんらかの事象が引き起こした事故による、コンピュータや通信回線等の停止
(4)その他、当社の判断による、サービスの提供の停止

第7条(利用制限および登録抹消)
当社には、本サービスの全て、または一部のユーザーによる利用を制限、または登録を抹消できる権限があります。それは以下に列挙する事由に起因し、その際は当社によるユーザーへの事前連絡はしなくても構わないこととします。なお、ユーザーは利用制限および登録抹消をされたことで、何らかの不利益や損害を受けたとしても、当社に責任は一切ないものとします。

(1)本規約の条項に、一つでも違反したとみなされたとき
(2)登録した内容に、虚偽や詐称がある、または明らかにその疑いがあるとみなされたとき
(3)その他、ユーザーが本サービスを適切に利用していないと当社がみなしたとき

第8条(サービス内容の変更)
本サービスは、当社の都合によりユーザーへの事前の報告なしに、内容を変更したり、また提供を中止したりすることがあります。ユーザーが何らかの不利益や損害を受けたとしても、当社に責任は一切ないものとします。

第9条(利用規約の変更)
本契約は、当社の都合によりユーザーへの事前の報告なしに、いつでも変更できることとします。

第10条(連絡)
ユーザーへの連絡は、当社の指定する方法によって行われることとします。

第11条(権利義務の譲渡の禁止)
ユーザーが、第三者に当社との契約上の地位や権利や義務を譲り渡すこと、または担保にすることを禁じます。しかしユーザーが事前に書面による希望を提示して、当社の承諾を受けている場合は、これに限りません。

追記

そのあたりの事を、各々余す事なくレクチャーしていきます。
言うまでもないのですが、この規定の査定に落ちてしまったら、貸し出しを借り換える事はできません。
銀行によるお整理貸し出しは主要な支出者金融よりも低利率で、大口の貸付金も受け付けているため頼もしく感じるのですが、そのぶん査定が困難に結果が出るまでの時が長い点が残念なところです。
この新発想のキャッシングサービスで借金をしても、決まった期日までは無利子となります。