大手サラ金の延滞利息(遅延利率)

サラ金業者からお金を借りたら、期日までに決められたお金を返済するのがルールです。もし返済できなければ、さらに債務者を追い詰めることになります。返済期日までに返済できないと、本来の元金の返済と利息の支払いのほかに、遅延損害金と呼ばれるコストが発生します。

サラ金業者からお金を借りるにあたって、債務者とサラ金業者の間では金銭貸借契約がなされます。そして契約項目の中には、返済期日に関する記述があります。もし返済期日までにお金を返さなかった場合、これは債務者が債務不履行を起こしたことになります。債務不履行が発生した場合、貸主であるサラ金業者は債務者に対して損害賠償請求をする権利が発生します。この損害賠償金のことを、遅延損害金というわけです。通常であれば、損害賠償を請求するには損害額の算出をしなければならず、手間も費用もかかってしまいます。このような手間を省くために、債務者が借金を期日通りに返済しないことを想定して、あらかじめ遅延損害金を決めているわけです。

遅延損害金の上限

遅延損害金ですが、利息同様、上限金利が設けられています。利息制限法の中に規定されていて、制限利率の1.46倍を上限利率と決めています。利息制限法では、10万円未満は20.0%、100万円未満は18%、それ以上は15%と決めています。それぞれに1.46を掛けると、29.2%と26.28%、21.9%となります。このように、利息よりも高い利率で遅延損害金の負担をしていかなければならなくなります。ちなみに遅延損害金も利息と同じで、日割りで支払うべき金額を確定させます。つまり、残高×遅延損害金の年利÷365日×日数で計算されます。ですから借入残高が大きく、返済の遅延が長引けば長引くほど、支払うべき遅延損害金は大きくなってしまうわけです。

主要なサラ金業者の遅延損害金はどうなっているか?

ではサラ金業者は実際に遅延損害金をどのように設定しているでしょうか?主要なサラ金業者のプロミスやアコム、モビット、アイフルを見てみると、どこも年率20.0%の遅延損害金を課しています。他のサラ金業者を見ても20.0%としているところが多いです。銀行カードローンの場合、19.9%とか契約した時の金利と同じ利率の遅延損害金を課しているケースも見られます。では主要なサラ金業者の遅延損害金20.0%で、どのくらいの負担が上乗せされるかを見ていきましょう。

例えば借入残高が20万円で5日約束の期日よりも遅れて返済した場合、元金返済と利息の支払いにプラスして、20万円×20.0%÷365日×5日で548円程度の遅延損害金を負担しなければなりません。このように余計なお金を負担しなければならないので、無理なく返済できるようなサラ金の利用を考えるべきです。そのためには必要最小限のお金だけを借り入れるように心がけることが求められます。