サラ金の金利・利息手数料計算方法

サラ金でお金を借りて返済する場合、借りたお金を返す以外にも利息の支払いをしなければなりません。サラ金業者を見ると、金利がパンフレットやホームページなどに記載されています。この金利は年利であることがほとんどです。つまりお金を借りてちょうど1年後に完済した場合にかかる利息のことです。ただし、サラ金はほとんどのところが利息を日割りで計算しています。つまり、今時点で返済した場合にかかる利息は、元金×金利÷365日×借入期間となるわけです。

金利の具体的シミュレーション

具体例を見て紹介しましょう。たとえば皆さんが30万円を年利18%の条件で借り入れしたとします。そうすると30日後に返済した場合にかかる利息は、30万円×18%÷365日×30日で4438円となります。ただしサラ金の場合、全額を一括で返済する必要はないです。月々最低の返済額が決められていて、その額を入金すれば問題ないシステムをとっています。例えば、借入1か月後に1万円入金すれば良いシステムをとっているサラ金業者があったとします。この場合、1万円のうち4438円は利息の支払いとして、残りの5562円が元金の返済に充当されたとなります。となると1か月後の時点でこの人の借金の残りは30万円から5562円を差し引いた29万4438円となります。

では、その1か月後にまた返済をしたと仮定します。そうなると次にかかる利息は、29万4438円×18%÷365日×30日となって4356円となります。そしてまた1万円を返済した場合には、1万円のうち4356円が利息の支払いに充てられ、残りの5644円が元金の返済に充当されたわけです。となると2か月後のこの人の借金の残債は、28万8794円となります。このように返済の度に、徐々に元金と利息が少なくなっていく方式をサラ金会社ではとっています。

サラ金業者の実質年率とは?

サラ金業者のホームページやパンフレットを見てみると、金利の表示の傍らに「実質年率」と記載されているはずです。この実質年率とは何を意味しているかですが、表示している金利には利息の他にも各種手数料が含まれていますよという意味合いがあります。サラ金のサービスを利用するにあたって、例えば事務手数料とか保証会社をつけている場合には保証会社に支払うための保証料などが必要になります。さらには契約するにあたっての印紙代もかかります。これらサラ金のサービスを利用するにあたっての諸費用も、すべて金利の中に含めて利率を算出しているわけです。

ですからサラ金でお金を借りた場合、手数料などの諸費用に関して別途で計算をする必要はありません。返済するときに支払っている利息の中に諸費用すべてが含まれているからです。サラ金業者はすべて、この実質年利になっています。これは貸金業法の中で決められたルールで、貸金業を営む事業者は実質年利で表示することが義務付けられています。