無利息期間を設けているサラ金一覧

サラ金でお金を借りて返済する場合、借りたお金の他にも利息の支払いをしなければなりません。利息は金利によって決まりますが、金利が低いものの方が返済の負担も軽減されます。ところでサラ金業者の中には、無利息期間を設定している所もいくつかあります。一定期間内に返済をすれば、利息の支払いが免除されるというものです。無利息期間内に完済すれば、利息の支払いはゼロになります。無利息サービスを提供している主要なサラ金業者について紹介しましょう。

プロミスの無利息サービス

大手のプロミスでは、メールアドレスの登録とWEB明細の利用をした人を対象に初回借入時借入の翌日から30日間無利息というサービスを展開しています。ちなみにこの無利息期間内に追加で借り入れをした場合でも、期間内であればすべて無利息になります。ただし無利息期間を超えた場合には、利息の支払いが必要となります。金利は4.5~17.8%となっています。返済方法は店舗やATMの他にも口座振替があります。また三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行のネットバンキングを利用している人なら、インターネットを使って返済することも可能です。

アコムの無利息サービス

アコムでも無利息サービスを実施していて、初めて契約する人で35日ごとの返済期間で借り入れをした方が対象になります。アコムの場合、契約日の翌日から30日間が無利息期間となります。たとえば契約日から2日後に借り入れをした場合、無利息期間は29日間となります。ですから、できるだけ無利息期間を長くしたければ、契約と借入を同じ日に行った方が良いわけです。無利息期間が終了すると、アコムの場合、4.7~18.0%の金利がかかります。アコムでは多様な返済方法を用意していて、アコムの店舗やATMの他にもコンビニATM,銀行の自動引落、インターネットも利用可能です。ちなみにインターネットの返済ですが、パソコンの他にもスマホやケータイからでもできます。

アイフルの無利息サービス

アイフルでも30日間無利息サービスを行っています。アイフルを初めて利用するお客さんを対象に、契約日の翌日から30日間が無利息となります。期間はアコムと一緒ですから、アイフルの無利息サービスを活用するためには、契約と借入を同日にすることがポイントです。ちなみに無利息期間が終了すると、4.5~18.0%の金利がかかってしまいます。返済方法はアイフルの店舗やATMの他にも口座振替、自動引落があります。またATMはアイフル以外でも提携ATMがあって、コンビニATMの他にもイオン銀行や三菱東京UFJ銀行、西日本シティ銀行、親和銀行のATMを使って取引できます。福岡銀行と熊本銀行もアイフルでは提携していますが、こちらのATMは借り入れのみに対応しているので注意しましょう。返済だけであれば、ファミリーマートのFamiポートやローソンのLoppiでも手続きできます。