プライバシーポリシー(個人情報保護方針)

第1条(プライバシー情報)

プライバシー情報において「個人情報」とは、個人情報保護法における「個人情報」を指すものとします。これは当該情報に含まれる、氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の生存する個人を識別可能な情報を指すものとします。

プライバシー情報のうち上記に定める「個人情報」以外のものを「履歴情報および特性情報」と称すものとします。
これらは、特定の生存する個人に関する、利用サービス、購入商品、閲覧ページや広告の履歴、検索キーワード、利用された日時、利用時の方法、利用環境などのサービスに関わる情報から、郵便番号や性別、職業、年齢、ユーザーのIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報など特定の個人を示す情報を指すものとします。

第2条(プライバシー情報の収集)

当社は、氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号などの個人情報を、利用登録に伴い情報提示をお願いする場合があります。また、前述の「個人情報」を含む取引記録や、決済に関する情報を、当社の提携先などから相互協力により収集させて頂く場合がありますので、あらかじめご了承ください。

当社は、ユーザーについて、ユーザーが当社や提携先のサービスを利用しまたはページを閲覧する際に、以下の情報を収集させて頂くことがございます。

利用したサービスやソフトウエア、購入した商品、閲覧したページや広告の履歴、検索した検索キーワード、利用日時、利用方法、IPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報。
また、利用環境につきましては、携帯端末を通じてご利用の場合は、当該端末の通信状態、利用に際しての各種設定情報なども含みます。

第3条(個人情報を収集する・利用する目的)

当社は、個人情報を収集する・利用する目的を以下のように示します。

(1)ユーザーが自分の登録情報(氏名、住所、連絡先、支払方法など)を確認、利用状況(利用されたサービスや購入された商品、代金などに関する情報)の閲覧を行っていただく目的
(2)メールアドレスおよび、氏名や住所などの連絡先情報を、当社からユーザーへのお知らせや連絡をするために利用する目的
(3)本人確認に必要な氏名、生年月日、住所、電話番号、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号、配達証明付き郵便の到達結果などの情報を確認し、利用する目的
(4)ユーザーに代金を請求するために、購入された商品名や数量、利用されたサービスの種類や期間、回数、請求金額および、個人を特定するために「個人情報」として氏名、住所、銀行口座番号やクレジットカード番号などの情報を、支払いに関して利用する目的

第4条(個人情報の第三者提供)

当社は、次に当てはまる場合を除いて、事前にユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。
ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる状況、あるいは以下に列挙した場合に当てはまらない状況おいては、その限りではありません。

(1)当社が法令に準ずる必要がある場合
(2)ユーザーから同意が得難い、また得られない状況で、生命、財産、身体など重大な保護すべき対象がある場合
(3)ユーザーから同意が得難い、また得られない状況で、公衆衛生の向上や、児童の健全な育成を推奨するために特に必要がある場合
(4)ユーザーからの同意を得ることで、当社の業務に支障が起こる可能性があり、国の機関または地方公共団体等が法令の定める事務を遂行することに対して協力する義務がある場合

第5条(個人情報の開示)

当社は、ユーザーから個人情報の開示を求められたときは、ユーザーに対し、速やかにこれを開示します。ただし、以下に列挙した場合においては、その限りではありません。

(1)開示することで、ユーザーあるいは第三者の生命、身体、財産その他の権利利益に損害が発生するおそれがある場合
(2)開示することで、当社の業務の実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
(3)開示することで、各種法令に違反するおそれがある場合

第6条(個人情報の訂正・削除)

当社の保有する個人情報が誤った情報である場合には、ユーザーは当社が定める手続きにより、当社に対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。

当社は、ユーザーから個人情報の訂正または削除の請求を受けた場合、その請求に応じる必要があると判断した時は、速やかにユーザーの請求に応じ、これをユーザーに通知します。

第7条(個人情報の利用停止・消去)

当社は、ユーザーから、利用目的の範囲を超えて個人情報が取り扱われているという理由により、その利用の停止または消去を求められた場合には、速やかに必要な調査を行い、その結果に基づき、ユーザーの個人情報に対する利用停止または消去等を行い、これをユーザーに通知します。

追記

それが在籍検証だという事になります。
と言うのも、利息は「融資費用によって異なってくる」というものだからです。
トラブルがあった時に役に立つのがキャッシングですが、どうせ借りるなら、多少でも利息の負担を軽く可能なように、無利息キャッシングを実施している支出者金融などを選択するべきです。
お整理クレジットで借り換えをしようかという時、誰もが「どこから借りるべきなのか?」と思案しますが、先ずは銀行系をピックアップすれば間違いはないでしょう。