サラ金の一般的な返済方法

サラ金業者でお金を借りた場合、決められた期日までにお金を返済しなければなりません。しかし、期日までに借りたお金を全額返済しなければならないというサラ金業者はほとんどありません。最低限返済してほしい金額を返せれば問題はありません。ところでサラ金業者の返済方法の中で主流になっているのが、リボルビング方式と呼ばれるものです。リボルビング方式とは、利用件数や金額に関係なく月々の返済額を定額する返済方法をさします。債務者としてみれば、月々決められた金額を返済すれば良いので、家計のやりくりがしやすいといえます。

リボルビング方式の種類

定額を返済するリボルビング方式ですが、その中でもさらにいくつかの種類に分類できます。まずは元利定額リボルビング方式です。こちらは支払利息額を含んだ決められた金額を返済する方式になります。新規の借入の段階で、月々いくら支払うかを決めることがほとんどです。たとえばまだ前回の借金返済が終了していなくても、借入限度額に余裕があれば、追加で融資を受けることも可能です。その場合、元利定額リボルビング方式では、追加借り入れを含めて、月々の返済額がその都度見直されることになります。

プロミスやアイフルを見てみると、元利定額方式をとっているところが多いです。しかし、いずれも残高スライド方式と呼ばれる返済方法を採用しています。スライド方式とは、毎月の返済金額が残高に合わせてスライドされる方式のことです。たとえば残高10万円までなら月々2000円、20万円までは月々4000円、30万円までであれば6000円といった感じでそれぞれ残高に応じて月々の返済額が変わってきます。たとえば、残高スライド元利定額返済方式で20万円借り入れたとします。この時まずは月々最低4000円を返済していきます。するといずれ残高は10万円を切るでしょう。そうなると、月々の返済額は2000円支払えばよくなります。また20万円借りた後、追加でお金が必要になって借入をして30万円の残高になれば、月々の返済額が6000円に膨らむこともあり得ます。

2つ目の返済方式として、元金定額リボルビング方式があります。これは毎月一定の返済額を設定して、そこにその時々に発生する利息分を上乗せする方式となります。返済をするたびに支払うべき利息の金額が変わってくるので、毎月の支払額は一定しません。最初のうちは元金が大きいので利息の上乗せ分も大きくなって返済の負担が大きくなります。しかし、元利定額と比較して一定のペースで元金が減っていくので、返済期間を短く、かつ返済総額を少なくできる方式といえます。

アコムで採用しているのが定率リボルビング方式です。定率リボルビング方式とは借入残高からあらかじめ割合を決めておいて、そこから算出された支払額を元金返済として利用する方式です。この場合、定率で算出された元金の返済額にその時の利息が上乗せされ、それが月の返済額になります。