サラ金の返済を延滞し過ぎた場合、消滅時効はあるの?

サラ金関係のサイトもいろいろとありますが、その中で「借金が消滅する」という話が書かれているものも数多くあります。借金が消滅するというのは、お金を貸した人が借金の返済を請求する権利は一定の期間が経過すると消滅する決まりになっていることを意味しています。民法では借金の請求権の消滅時効ですが、個人間の貸し借りの場合10年、サラ金のような業者からの借金の場合は5年となっています。つまり、サラ金からお金を借りて5年以上経過すると時効が成立するかもしれないわけです。このように言われると、借金返済できなくても5年間逃げ回っていれば、借金がなくなると考える人もいるかもしれません。しかしそう簡単に請求権が消滅するわけではないです。

いつから5年が時効の条件?

5年が時効と紹介しましたが、始点はどこかがまず問題です。簡単に言ってしまうと、返済の請求権の権利行使をしなくなってから5年間です。つまりサラ金業者が何らかの形で権利行使をすれば、そこでリセットされます。では権利行使としてどのようなケースが考えられるのかですが、大きく3つの手法があります。

1つ目は債務の承認がなされた場合です。これはお金を借りている方が自分に借金のあることを認めた場合です。例えば1円でもサラ金業者にお金を返済すれば、自分に借金のあることを認めたと解釈されます。また、サラ金業者が「借金返済できなければ債務を減額しますので、こちらにご署名ください」と言われてサインした場合でも、債務の承認があったと判断されます。2つ目は裁判上の請求です。これは簡単に言えば、債務者を相手取って「借金を返済してほしい」と訴訟を起こすことです。訴訟が定義されると、裁判所から訴状や督促状が債務者に送付されます。これが内容証明郵便であれば、6か月間の時効の中断が認められます。最後は強制処分がなされた場合です。サラ金業者がお金を返してほしいと裁判所に訴え出て、そのまま裁判が進行すると裁判所で債務者の当該財産を勝手に処分できない命令がなされます。強制処分が行われると、時効のカウントがストップします。

時効の援用をしなければならない

以上の3つの時効が中断する行為をサラ金業者が一切行わずに5年以上経過すれば、それで時効かというとそうではありません。時効の援用をしなければなりません。時効の援用とは、「すでに時効が成立しているので、あなたにはお金の返済はしませんよ」ということを主張する行為です。サラ金業者に内容証明郵便で通知するのが一般的です。別に相手が同意してもしなくても成立はします。

しかし、何も借金の返済を要求するような手続きをせず、指をくわえて5年経過するのをみすみす認めるサラ金業者はまずないでしょう。上で紹介した時効の中断に相当する対処を絶対に行ってくるはずです。よって、借金の返還請求の時効はルール上認められますが、実際に行使するのはほぼ不可能と思うべきです。借金返済できないようであれば、債務整理などの他の手段を行使した方が賢明といえます。