サラ金の返済について

サラ金の一般的な返済方法

サラ金業者でお金を借りた場合、決められた期日までにお金を返済しなければなりません。しかし、期日までに借りたお金を全額返済しなければならないというサラ金業者はほとんどありません。最低限返済してほしい金額を返せれば問題はありません。ところでサラ金業者の返済方法の中で主流になっているのが、リボルビング方式と呼ばれるものです。リボルビング方式とは、利用件数や金額に関係なく月々の返済額を定額する返済方法をさします。債務者としてみれば、月々決められた金額を返済すれば良いので、家計のやりくりがしやすいといえます。

続きを読む

サラ金の元金が減らない、返せない場合の対処法

サラ金ではお金を借りて返済をすれば、借金は減っていく、これは普通の人の考え方でしょう。しかし、サラ金からお金を借りて返済しているけれども、一向に借金がなくならないという話を聞きます。まずサラ金でお金を借りて返済する場合、元金の返済と利息の支払いに支払ったお金が分けられることを理解しましょう。たとえば50万円を20%の金利で借りると考えます。すると一か月後には8333円程度の利息が発生します。この場合、1か月後に1万円を返済すると8333円は利息の支払いに充てられるので、元金の返済に使われたのはたったの1667円しかないことになります。これではいくら頑張って返済をしても、なかなか借金が減らないわけです。このように、自分が返済したお金がまるまる借金の減額にならないことを頭に入れておかないといけません。

続きを読む

サラ金からお借りたお金をおまとめ、一本化するメリット

複数のところで借金をしていると、自分の借金の管理もままならなくなりがちです。そこで銀行カードローンの中にはおまとめローンと言って、借金を一本化できるサービスの提供をしているところもあります。まず、複数の借入先に対して完済できるだけのお金を銀行から融資してもらいます。そして、現在の借入先の借金をすべてなくして、今度は借入先に返済するための資金を提供してくれた銀行に対して返済をする手法です。

続きを読む

サラ金の返済を延滞し過ぎた場合、消滅時効はあるの?

サラ金関係のサイトもいろいろとありますが、その中で「借金が消滅する」という話が書かれているものも数多くあります。借金が消滅するというのは、お金を貸した人が借金の返済を請求する権利は一定の期間が経過すると消滅する決まりになっていることを意味しています。民法では借金の請求権の消滅時効ですが、個人間の貸し借りの場合10年、サラ金のような業者からの借金の場合は5年となっています。つまり、サラ金からお金を借りて5年以上経過すると時効が成立するかもしれないわけです。このように言われると、借金返済できなくても5年間逃げ回っていれば、借金がなくなると考える人もいるかもしれません。しかしそう簡単に請求権が消滅するわけではないです。

続きを読む